中尾亜由美さんのコンサルは愛がてんこ盛りでした

昨日は中尾亜由美さんに会いにいってきました。

亜由美さんは主婦をしながら

ハンドメイド作家さんであり、ヒーラーであり、そして、本も出版されている素敵な女性です。

会いたいなと感じて6月に亜由美さんのセミナーに参加しました。

参加者の質問にスパーンと即答していきます。

頭の回転がものすごく速いのはもちろんなんですが、

愛がすごい。

愛がすごくて、圧倒されます。

そんな亜由美さんに

今後のひなたぱんの事についてご相談にのっていただいたのでした。

自分の酵母への愛と情熱だけで突っ走って来たひなたぱんの活動です。

毎月のこねこね会運営、メニュー作り、仕込み、買い出し、告知、ブログ、予約管理、全て当たり前ですけど1人でやっています。

システムがちゃんとできてなくて

動きに無駄がありすぎて、毎月ヘロヘロになってしまうのです。

なので、ここでシステムを見直すことにしました。

やってるつもりになっていたこと

お客様目線に立つとはどういうことか

ブログの骨組み

写真について

言葉の使い方

てんこ盛りで教えていただきました。

亜由美さんは惜しみなく教えてくださいます。

余力を残さないというか、全力で向き合ってくださっていて

少しでもよくしようとしてくださってることが

細胞の一個一個で感じられて

感動しました。

この言葉一個も漏らすまい、と必死のパッチでメモ取りました。

知識や情報、たくさんうけとりました。

でも、亜由美さんのコンサルはそれだけではなく、徹底的にクライアントに寄り添ってくれます。甘いことばかりは言わないし、バッサバッサ切るとこは切りますけど、

愛が根底にあるのが見えています。

その、寄り添う在り方、何よりも本当に学ばせてもらいました。

教わったことが山盛りあって

零さないように

やってみます

どう変化していくか、私がたのしみでなりません。