ビックコミック/『空母いぶき』第7巻

与那国島多良間島尖閣諸島中国軍が突如上陸し、島を占領。

日本の政治家たちは外交手段による平和的な解決を模索する。

しかし、その間に中国軍は島に対空、対艦ミサイルを配備し、平地にヘリポート、山頂にレーダー基地を建設。

中国は着々と島の占領を既成事実化する。

尖閣諸島を中国領に・・海洋資源を求めて大陸国家から海洋国家へ・・太平洋への進出は中国の国是になっている。

これは決してあり得ない話ではない。

事実、南シナ海の人工島は完全に中国の基地として占有されている。

基地を作らせてしまうともう立ち退く事はない。

竹島問題も同じである。

上陸を許してしまうと中々立ち退きさせる事は難しい。

すべては初期対応が大事なのだ。

さて、日本は中国占領軍に対し攻撃を・・やっと重い腰を上げて事前通告する。

刻々と迫る尖閣3島へ砲撃の時は・・次号第8巻へ

うわっ〜まだなのか・・第1巻から占領されたまま話を長く引っ張るなぁ〜

・TOP画像

ビックコミック『空母いぶき』第7巻

発行日:2017年8月2日

発行所:小学館

B6判カバー紙単行本/200頁

価格:552円(税別)

・過去の関連日記

ビックコミック/空母いぶき(2016.2.6)

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1950105768&owner_id=8437995

ビックコミック/『空母いぶき』第4巻(2016.7.5)

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1953884185&owner_id=8437995

ところで、下地島空港から自衛隊のF35JAが発進するシーンが描かれている。

この下地島空港とは何ぞや・・?

・関連サイト

下地島空港

http://www.pref.okinawa.jp/airport/index/sm/simojijima00.htm

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E5%9C%B0%E5%B3%B6%E7%A9%BA%E6%B8%AF

おおさか維新の会の松井一郎代表、下地幹郎衆院議員、橋下徹法律政策顧問らが下地島空港を視察し、米軍普天間飛行場の訓練を下地島空港に移転することを提案。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/32573

日本一美しい桟橋!沖縄「下地島空港17エンド」は言葉を失う絶景ポイント

http://guide.travel.co.jp/article/19355/