美少女ロボットが欲しい

(プラネタリアン)という映画をツタヤで借りてきて観たんですが

大号泣しました()

僕は元、感受性のないタイプだったので感動モノの映画やドラマを見ても

泣くことはなかったんですが年をとると涙もろくなるのは本当の様です

この作品にはほしのゆめみというプラネタリウムの解説員をしている

女の子のロボットが出てくるんですが

これがまたかわいいんですよ

段差があるので気を付けて下さいと言いつつ

自分でその段差に躓いてこけたりするボケボケ具合が良いです!

ペルソナ3のアイギスと言い、やはり美少女ロボットは良いですなぁ()

ロボットと恋愛出来る時代は僕が生きている間に来るんだろうか。

まぁ来たとしても高すぎて買えないか