【京都】「ポイ捨て禁止」看板設置したら…翌朝ごみだらけ

「ポイ捨て禁止」看板設置したら…

翌朝ごみだらけ 

京都

京都・鴨川の三条大橋付近に7日に設置されたばかりの「ポイ捨て禁止」の看板の周りに、8日朝、空き缶やカップ麺の容器など多数のごみが捨てられているのが見つかった。

看板を設置した「鴨川を美しくする会」の杉江貞昭事務局長(72)は

「自分の家の前やったらどうするんや。同じ人間として情けない」

と憤っている。

 

三条大橋周辺では、ごみのポイ捨てが問題化。

「ポイ捨ては犯罪です!」

日中韓英の4カ国語で書かれている。

7日のお披露目式には山田啓二知事も参加し、市民ら約130人が夕方、清掃したばかりだった。

 

京都市まち美化推進課によると、三条大橋周辺でポイ捨てが深刻化し始めたのは昨年7月ごろ。

週末の夜に鴨川の河川敷で宴会をした人たちが、ビールの空き缶や酒瓶のほか、菓子の袋、弁当の容器などが入ったポリ袋などを捨てるケースが目立つという。

秋ごろには減ったものの、今年5月ごろから再び増えだしたという。

 

土日は行政の清掃が入らないため、放置された大量のごみをカラスがあさり、月曜の朝には散乱した状態になるという。

同課は

「これまでも啓発看板を設置するなどしてきたが、抜本的な解決に至っていない」

と対策を検討している。