銀塩散歩 結果

5月14日

先週撮影のベルビアが金曜に出来上がった。以前は毎日集配があったが今は週2回になったとのことだで、こういうところにも影響を感じる。やはり需要減の悪循環は避けられない。

写真1枚目: 絞り開放ではどこにピントが来ているか分からないが、f8ぐらいにすると線の細いシャープさとなる

写真2枚目: LXにはそのままではガタつくので、レンズとアダプターとの間に薄いスペーサーを入れてあり、実は5mぐらいにしかピントが合わずインフがこないので遠景は絞るしかない

写真3枚目: 昨日は終日雨だったので、アジトのスキャナーを総動員して15本ほどスキャンしたが、マウントのスライドは手間がかかることを久々に実感

いろいろ不自由になってきたが銀塩写真の「出来上がってくる楽しみ」は捨てがたい。

銀塩文明存続のため精々フヰルムを使ひませう

撮影5月7日 お道具はPentax LX Angenieux35/2.5 ベルビア100(期限切れ) 

広告を非表示にする