読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GW旅行 4日目

なぜか知らないが深夜2時に起きてしまう。

それから何度も寝ようとしたがなかなか寝られずに6時に起きる。

いろいろと準備をして7時半頃ホテルを出発して

途中で朝食を食べるためにホテル近くのおみせでへ寄ってから地下鉄に乗る。

一番最初の目的地の駅を降りて地上へ上がったら

大勢の人たちが長蛇の列で並んでいた。

いろいろと話を聞いたら何かの試験みたいで

開始2時間前にも関わらずみんな教科書を読んでいた。

近くにあるこの地域で一番大きなスタジアムへ行く。

出発前に現地の友人の話だと自由にスタジアム内へ入れる!

と聞いていたが実際はコンサートの準備で入ることができず

しょいがなく周辺を1周歩く。

スタジアムに併設していたスポーツショップやジムがあったりして

スタジアムを上手く利用していることを感じた。

それから再び地下鉄に乗ってこの都市のド真中にある城跡の外壁へ向かう。

1周14kmもある外壁の上をレンタルサイクルで走ることができると聞き

急いで高さ12mの南門の壁を登り

2時間しか借りられないレンタルサイクルに乗って

あまり慣れないマウンテンバイクに乗ってスタートする。

自分は1人乗りであったが2人乗りの自転車とも頻繁にすれ違った。

マウンテンバイクの椅子にクッションがないため

ガタガタしている石畳の道を走るとお尻が痛くてしょうがなかった。

南門をスタートしてのんびり周囲を眺めていたが

半分の北門へ着いた時には約15分ほどオーバーしていて

少し焦りながらガタガタの道でお尻が痛い中、

大勢の観光客の隙間を通り抜けてちょうど2時間で1周を周り終わる。

お昼前になったため再び地下鉄に乗ってこの都市で一番の繁華街を散策する。

左右には飲食のお店がたくさん出ていて羊肉や麺類、ザクロ、クルミなど

とても雰囲気が良い中、長い繁華街を歩く。

この地域は東の地域と西の地域の文化が混ざっているため

宗教色が強く日本では見られない格好や光景を見ることができた。

途中でこの地域の伝統料理の麺類を食べる。

幅広い麺の上に羊肉やトマトなどが載っていて

最初は食べづらかったが美味しく頂いた。

その後、奥の路地を歩いていたらあるお寺を見付けて

境内を散策することにした。

この地域で唯一のある宗教のお寺で

ちょうど自分が行った時には大勢の信者の人たちが集まり

1日5回の行い事をしていた。

じっと見ていてとても勉強になった。

またまた地下鉄で移動してある糸を

違う地域へ運ぶスタート地点となった場所へ行ってみることにした。

実際にはどこがスタートした門なのか不明らしいが

約50mの像が並んでいたものの誰も人はおらず

帰り際に楽器を持っていた人が来たくらいで

地元ではあまり気にならないところであった。

近くにあったバス停からバスに乗って再び繁華街へ行こうとしたら

途中で城壁の上をレンタルサイクルで走っていた時に

気になっていたお寺の看板を見つけて降りて行ってみることにした。

バス停から約15分ほどで到着する。

こちらも先ほど行ったお寺と違う宗教のお寺で

入口付近には大きな鍋に入れたお粥を配給していて

その周辺で座りながら食べている人たちが大勢いた。

その中を横目にお寺の境内へ入って見学する。

この都市でも信仰している人が多くいて

お祈りをしている光景を目にすることができた。

夕方になったため再びバスに乗って1度ホテルへ戻り

約2時間ほど仮眠してから夜景を見に出発する。

最初に行ったのはテレビ塔で敷地内に入ることができなかったが

20秒に1度のペースで色が変わり見ていて面白かった。

次に行ったのが外壁の南門で

毎日ショーを行っているとのことで見に行く。

地下鉄を降りて南門が見えたら黄色いライトが空へ照らされて

大勢の観光客たちでごった返していた。

正面にはVIP席があり1人日本円で5000円を払うと

正面のスタンドに入れてライトアップされた外壁へ登ったり

ショーなどを間近で見ることができた。

そして最後に昼頃に行った繁華街へ行く。

お昼以上に人が多くなかなか前へ進むことができなかったが

羊肉やザクロ、麺類を食べたりお土産を買ってホテルへ戻った。

だいぶ疲れたためホテルのベットで横になったら

知らない内に寝てしまった。

広告を非表示にする