最近の映画5

☆マダム・フローレンス〜夢見る二人

大戦中のNYにフローレンス・ジェンキンスという実在の女性がおり、

たいそうな資産家で自称歌手。

友人たちを集めコンサートを度々開くが、実は彼女は大変な音痴。

気づかぬのは本人だけ。

夫は批評家や観客を買収しておべんちゃらをいわせるが、

無邪気な彼女は今度はカーネギーで歌いたいと…

この噺にヒントを得てフランスで作られたのが、「偉大なるマルグリット」

音程もとれず人の悪意も感じ取れないヒロインにシニカルで悲劇的な結末。

フランス人は意地悪だわ。

同じ題材をハリウッドで。

そうするとなんとハートウォーミングなコメディに!

これは夫役のヒュー・グラントによるところが大きい。

フローレンス役のメリル・ストリープを見ていたら、故・大屋政子女史を思い出した。

これ、日本でするなら主役の夫婦は藤山直美岸部一徳できまりではないか?

広告を非表示にする