読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片山定期能特別公演 @京都観世会館

能 「清経 恋之音取」

シテ:梅田嘉宏

仕舞

「嵐山」 片山清愛

「網之段」 観世銕之丞

船弁慶 キリ」 観世淳夫

狂言 「魚説経」

能 「大原御幸」

シテ:味方玄

仕舞

「雨之段」 小林慶三

「阿漕」 橘保向

舞囃子 「砧」 片山九郎右衛門

能 「道成寺 赤頭」

シテ:河村博重

能「清経」。平清経は笛の名手であったことから、「恋之音取(こいのねとり)」の小書が付くと、笛の独奏に合わせて清経の亡霊が登場する、という演出になります。

合戦の際、敗れて入水してしまった清経と、彼の形見を受け取る妻。何故私一人を置いていったのかと嘆く妻のもとに、笛の音色と共に亡き清経が現れます。笛方のお披きとも言える曲で(この時は、竹市学氏)、男女の情愛や没落していく平家に対する哀れなどが入り混じったような、たまらなく物寂しい笛の音です。笛に合わせてシテも極めて静かに、本当に幽霊のように橋掛かりから現世(舞台)に現れます。この場面がたまらなく好きです。

仕舞と舞囃子は、東京で活躍されている観世銕之丞氏と、京都で活躍されている片山九郎右衛門氏の、舞の違いを見られて興味深いものがありました。

同じ観世流でも、東京は謡も舞も激情的、京都は様式美に秀でている、という感じでしょうか。

そして、最後に道成寺です。つい力むので、最初から最後まで目が冴えっぱなしです。

鐘入りはシテと鐘後見の息がピッタリ合っていました。鐘後見は4人いて、鐘を上げる時は全員で引っ張るが、落とす時は主後見1人でタイミングを見計らうそうです。

道成寺は今まで何度か見たことがありますが、今回のは登場時からヒステリックな印象を受けました。いや〜女性の怨念はこわいこわい…

あいにくの雨でしたが、ソメイヨシノも枝垂桜もほぼ満開でした!カメラ持って行けば良かったあ!