『グランブルーファンタジー』を始めた その61 『星の古戦場開催中 その2』

 今回の古戦場HELLモードLv:90について、野良に参加して思う事を認めよう。

 先ず、『HELL90 ベラドンナ』と戦って気付くのは、

 ?グラビティ無効 (HP25%から有効)

 ?状態異常『毒』がいつも以上に強い。 (猛毒と称しよう)

 ?チャージターンが2と短いということ。

 ?Over Driveの時間が長いという事。 (最近のイベントの特徴でもある)

 ?はODが終わった後に成るのでほぼ意味無い。だが、今後HELL95、HELL100に

  おいては役に立ちそうなので、ただ意味が無いと吐き捨てるのは短絡的だろう。

 ?と?から考えられるのは、明らかに『マウント』だと間に合わないと言う事だ。

  なので、マウントを入れようとするのは論外と言えよう。

  では、状態異常の対策はどうするべきか? クレリック? それともビショップ? これらも論外だ。相手のチャージターンは『2』しかない。クリアオールは4ターンかかるし、マウントに至っては6ターンかかる。明らかに間に合わん。それに、ミゼラブル無しはキツイ。

 キャラによる状態異常回復はどうだろうか? これも論外。火属性キャラは回復キャラが少ない。そもそも火属性キャラの概念はアビリティで攻める事なので、中々居ない。

 ?と?の条件をクリア出来るものはなんなのか? と考えた先に辿り着いた解が、

 『ダークフェンサーにクリアオールを持たせる』でした。

 ダークフェンサーのサポートに、『アビリティ使用感覚1ターン短縮』となるものがあります。つまりダークフェンサーにクリアオールを持たせることで、使用感覚が4ターンから3ターンへと短縮され、チャージターン『2』しかない敵に毎技対応出来る様になる訳です。

 ここで注意しなければならないのは、1アビの『ディレイ』を使わないことです。これを使ってしまうと、他のジョブで参戦しているプレイヤーとチャージターンがズレてしまうからです。なるべく合わせたい所なので、使いません。

 野良参戦時、殆どの人が主人公にクリアオールをセットしていません。恐らく、キャラで賄おうと言う事なのでしょう。

 結局、自分の事だけを守ることに必死になってしまい、挙句の果てに戦闘不能になってしまう事がざらでした。

 グラブルと言うゲームは、味方を守ることこそが、最も効率よく自分を守れ、生き残る様に出来ているんですよね。ですが、MVP報酬に目が眩み、周りが見えなくなってしまっているのが現状です。

 だからと言って、クリアオール持参する人が多すぎてもクリア不可能になってしまうんですけどねw 2人居れば十分でしょう。一人居るだけでも、生存率は上がりますが、2人は欲しい所です。

 後は、SSR召喚石『リッチ 4凸』による死者の祝福を使うのも手かもしれませんね。さっきも言ったように、火属性は回復手段が限られますので、大きく役に立つと思います。クリアオールされたら事故りますが、一つの方法としてありかなぁって思いました。

 どうせ、古戦場は身内でプレイするだろうし。作戦を決めておけば、優位に進めそうですね。