芸備諸村瀑布図

広島県の知られざる滝を探すにあたり、芸備諸村瀑布図というのを見てみました。

もともと1781年に芸藩通志なるものを安芸、浅野藩が編纂しているのですが、そのなかの滝に関するもの46滝を絵で残しているのです。

https://www.library.city.hiroshima.jp/hiroshima/webgallery/bakufu.html

ただこの46滝ですが、現在と一致するものばかりではありませんで、37滝までは突き止められていますが、残りについては探してみないとわかりません。

今回45番目の「志もの滝」を新しく発見しました

すでに滝に水は無く伏流水となっていて、滴る程度・・・現在は「スズメ滝」と言われているようです。

42番目の塩滝も探したのですが、地元の林業の方に聞いたところ、塩滝という地名は残っているものの現在滝は無いというのが回答でした

こういった調査は地元の長老といわれる詳しい人に聞かないといけないですが、なかなか面白いものです。役場に聞いても全然話になりません。

広告を非表示にする