読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見る人がみたら・・・。

 見る人が見ると「なるほど」と思う事が多々ある。

「金 正男」が殺された。これについても、見る人が見ると「なるほど」となる。

 この件に関して、日本のマスコミが文書でインタビューした人がいる。

「金 賢姫」あの「大韓航空機爆破事件」の実行犯で、元死刑囚。

御存じの通り、北朝鮮で「工作員」としての教育を受けた、筋金入りの「元工作員」である。

彼女は「実行犯は工作員ではない」と言っている。

それは「工作員ならやらない事をしているから」らしい。それは「直ぐに捕まった」と言う事。

向うでは捕まらないようにする訓練も受け、捕まったら何をするかも徹底的に教え込まれるらしい。

工作員教育」は体力や技術は勿論の事、「思想教育」も徹底的に行われる為、「北朝鮮の為」と言う考え方が工作員には徹底されているそうな。

 しかし、彼女は「今回の実行犯をみたら、そんな教育を受けているようには見えない」と。

そして「恐らく、請負殺人だろう」と言っている。北の工作員が他の国の人に殺させたのではないのかと言う事。

 この話が先日、ネットで出ていた。

昨日の報道を見ていると、「当ってる」と思える。

 その「金 賢姫」だが、今でも韓国警察の護衛がついているそうな。

彼女は「私は罪を犯した人間なのに、こんな事をしてもらうのは申し訳ない」と言ってた事がある。

今では毎週、日曜日に教会へ行くそうな。それは「罪を償うため」らしい。

北朝鮮によって、人生を変な方向に向けられた一人の人間として、「被害者」とも思えるのである。