読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【福井】地蔵を用水路に投棄か、住民憤り 不動明王像は池に、被害届検討へ

地蔵を用水路に投棄か、住民憤り

不動明王像は池に、被害届検討へ

福井県越前市村国1丁目で、お地蔵さま3体が農業用水路に落とされていたことが21日分かった。

近くのお堂にあった不動明王像やろうそく立ても、そばのため池に捨てられていた。

大切にしてきた住民は

「地域で守ってきたのに、一体どんな気持ちでこんなことをしたのか」

と憤っている。

 

落とされていたのは、地元で「六地蔵」と呼ばれる地蔵堂に大小約50体が並んでいるうちの3体。

いずれも高さ、幅が20センチの石像で、地蔵堂の前を流れる幅1・7メートル、水深30センチの用水路に水没していた。

20日に住民が見つけた。

 

通報で駆けつけた越前署員と住民が同日夕方に引き揚げ、元の場所に安置した。

お地蔵さまは住民が前掛けを手作りし、年1回供養するなどして見守ってきたという。

 

同日午前5時すぎには、地蔵堂から南に約200メートル離れたため池で、ほとりにあるお堂に安置されていた高さ30センチ、幅15センチの不動明王像(石像)が、水の中に沈んでいるのを別の住民が見つけた。

お堂に置いていた石のろうそく立てや花、時計のほか、周辺にあった椅子も池に落ちていた。

ろうそく立て2点は割れていた。

 

住民によると、このお堂では13日にも線香立ての中の灰がなくなり、一部が周辺にばらまかれていた。

 

交番に通報した区長の高木繁伸さん(73)は

「幼稚で恥ずかしい行為。どうしてこんなことができるのか分からない」

と苦い表情を浮かべた。

住民で話し合って被害届を出すか判断するという。

同署によると、器物損壊罪にあたる可能性がある。

美すずスポーツ公園運動場北グラウンドその1

長野県クラブチームサッカー選手権大会(速報)

AVANT佐久平FC4−0アルフットカタピラ

天皇杯1回戦を蹴って、伊那で長野県の全クラ予選を観戦(笑)

ボールを支配し続けたAVANTの快勝。

マイラーズC、フローラSの予想

【京都11R・マイラーズカップ・G?】

◎?ブラックスピネル

単勝?

馬連?−???

【東京11R・フローラステークス・G?】

◎?ディーパワンサ

単勝?

馬連?−???

夢日記170423+雑感

狭い空間に着替えるには不便すぎるほど余白のないくらいロッカーが並んでいて、あちこちに古く読み尽くされボロボロになったマンガ雑誌が散乱している

自分のロッカー&背番号は56。番号物はこちらの意向を聞いて欲しいけど…仕方ない

これから豊島区全域を使った「鬼ごっこ」が始まる。自分は鬼から逃げる方

まずは雑踏の中を走って逃げる。誰かが追ってくる気配はするけど、誰かはわからない。そのまままく

下りの階段。若い人達がきれいな切り紙で飾り付けをしている中を走り抜け、せっかくの飾り付けを落っことしてしまうけど逃げなければ若い人達も逃げる自分を応援してくれていた

昔、駄菓子屋とかにあった10円ゲーム機がズラリと並んでいる廊下を走り抜ける。もう誰も追っていないかな?

まわりの風景は古書店が多くなった。古本屋ではなく専門書等を扱っている神田神保町のような所

再び追っ手の気配を感じたので再び走り出すけど

追っ手は自分よりもずっとずっと鈍足のようだ。姿は見えないけどそんな気がする。とても強く

それでも気を抜かず走り続ける。逃げ続ける、か(^_^;)

雑感

いつしか鬼ごっこよりも逃げることに重きが置かれて延々と逃げることになってしまった。でも周りが見えたり気配を感じたりと、アンテナはりっぱなしの状態

「56」か…騙されてみようかな(^_^;)

広告を非表示にする

朝ラー

早起きしてMOTOGP予選終わってから散歩がてらいつもの、お山に偵察に出向きたした。

途中コンビニでラーを仕入れて山頂で頂きました。 

おいしゅうございました。

新作のラーはカロリーも低めでいい感じですたい

広告を非表示にする

04/22 メインレースの軸馬&消し馬

福島11R 福島牝馬S

◎05 ウインファビラス ○13 クロスコミア (3連複軸2頭ながし:相手3点)

(消し:06 ウキヨノカゼ)

京都11R 彦根S

◎04 オーヴィレール           (3連単1着フォーメーション:◎→○▲→○▲△の4点)

(消し:08 ラクアミ)

東京11R オアシスS

◎08 ディアディルレイ          (馬単1着ながし:相手3点)

(消し:14 ストロングバローズ)

読了2冊

「鏡の影」/佐藤亜紀

いつも、“面白いけれど難読本”を回して下さる母校の先輩から、

またまた難読本が…(笑)

1度読みかけて、しばし放置。

前出の「おだまり、ローズ」が、簡単に読み下せず、

併行して再挑戦したのだけれど、結局これも…

この数週間、難読本2冊抱えて、身動き取れなくなってしまった。(笑)

最初の読み始め、

ちょっと書評を索ってみたら、

平野氏のデビュー作にして芥川賞受賞作「日蝕」が

本作の「ぱくり」だ、という騒動があったとか…

その「日蝕」も、以前、書評を読んで心が動き、

今、ちゃんと「興味本」の棚に入っているので、

この手の本、自分は本当に好きなんだなぁ〜 と笑ってしまった。

そう、

登場するのは… 異端の書、錬金術、俗物僧侶や司祭、宗教戦争

時は中世ヨーロッパ、

ドイツの田舎レヴニッツの百姓の小せがれ、ヨハネスは、

全世界を変えるにはある一点を変えるだけで充分であることを発見。

未完成の1枚の図表を持ち、

世界を変貌させることの意味を求め、彼は放浪の旅に出る。

と言っても、彼は決して崇高、高潔な人物では無い。

弁がたって博学で、占星術やら言を弄して小銭を稼ぎ、

必要とあらば同性愛者の愛人もやると、

周りの策略に翻弄されいつも逃げてばかり。

世界を変える方法への熱意もいまいち弱い。

そんなヨハネスの前にシュピーゲルグランツという謎の美少年が現れ、

奇妙な契約をもちかける。

このあたり、ゲーテファウスト」のファウスト博士とメフィストフェレスの関係を

思わされるのだけれど、

ヨハネスは案外したたかで、そうたやすくは悪魔に屈しない。

結局、全世界を変える方法を知って、

ではそれでどうなる?と思い至ると、

それを知った人間と、何も知らず“今”に翻弄される矮小な人間と

何も違わないことに気付く。

悪魔の目的は、ソコにあったのか?

世界の生成なんてドーでもいいわ!と

己の欲望に依ってのみ生き抜く女達、淑女からジプシーの踊り子まで、

の強さが、なんとも頼もしかった。

「マザーランドの月」/サリー・ガードナー /訳)三辺律子

2冊の難読本に埋もれ溺れそうになって、

息継ぎに と手を出した一冊。

(活字に窒息しそうな時は活字で息をつくのが1番!)

舞台は異世界。

厳格な管理社会の底辺に生きる少年が、

隣家に越してきた家族から、

国家の秘密に感づいてしまう。

そして彼は、その秘密の暴露に命を賭ける!

ありがちな設定で、途中で隠されている秘密も見えてきて、

その秘密も、少々チャチで…

わくわくドキドキしながら… という感じでは無かったけれど、

疲れた頭に心地よい、優しいSF.。

お蔭で息継ぎが出来て、

抱えていた2冊、やっと読了にこぎつけた、

酸素ボンベのような作品だった。(笑)

広告を非表示にする